文字サイズ:

お知らせ: 「総選挙直前!候補者を当選に導くための必勝セミナー」を開催しました

TOP > お知らせ(2012年) > 「総選挙直前!候補者を当選に導くための必勝セミナー」を開催しました

「総選挙直前!候補者を当選に導くための必勝セミナー」を開催しました

3月10日〜11日・3月17日〜18日に当協会主催「総選挙直前!候補者を当選に導くための必勝セミナー」を開催しました。このページでは必勝セミナーの様子を掲載しております。

■第1講 渡辺強(当協会理事/選挙コンサルタント/PROJECT WITH代表)
第1講は選挙コンサルタントの渡辺強による「地上戦」をテーマにした講義です。衆院選の主戦場である地上戦について、25年間選挙の第一線で闘ったきた渡辺強の独自ノウハウが語られました。


■第2講 斎藤博(当協会理事/選挙プランナー/株式会社インパクト代表取締役)
第2講は印刷会社社長として選挙PRグッズの実用新案を多数取得し、選挙の会計責任者の経験も豊富な齋藤博が「最新の選挙PRグッズと収支報告書等の注意点」というテーマで講師を務めました。写真の背景に写っているのは蓄光インクや反射板を活用した最新の選挙PRグッズです。


■第3講 
清水大資(東京都選挙管理委員会 選挙課長)
三浦雄二(東京都選挙管理委員会 課長補佐 指導係長)

第3講では、都道府県選挙管理委員会連合会が発行する『月刊選挙』において「"公選法"ここがポイント!」の連載を担当されております、東京都選挙管理委員会 選挙課長の清水大資さま、課長補佐・指導係長の三浦雄二さまに、公職選挙法における政治活動と選挙運動の違いや、衆議院選挙におけるポイント解説をいただきました。


■第4講 松田馨(当協会理事・事務局長/選挙プランナー/株式会社ダイアログ代表取締役)
第4講は選挙プランナー松田馨による「一票でも多く獲得するためのネット選挙戦略」です。ネット戦の可能性と現状、衆院選における具体策としてデマや炎上への対処やfacebookの活用など、ネット選挙の最新事情を解説しました。


■第5講 明石伸子(当協会理事/NPO法人日本マナー・プロトコール協会理事・事務局長)
第5講は、日本マナー・プロコトール協会理事・事務局長で外見・好感力アドバイザーの明石伸子による「外見・好感力トレーニングの必要性」です。実技指導もあわせて行いました。


■第6講 川上和久(当協会理事長/明治学院大学教授)
第6講、当協会理事長の川上和久による「メディアが創出する世論とどう対峙するか?」では、過去の衆院選の報道分析や、最新の世論調査結果に基づく分析データ、「熟慮の民主主義」に向けた提言が行われました。


■第7講 三浦博史(当協会専務理事/選挙プランナー/アスク株式会社代表取締役社長)
第7講は当協会専務理事・選挙プランナーの三浦博史より「今どき選挙事情 浮動票=無党派層=無関心層の取り込み方」です。大阪W選挙にみる無党派層の動きや、アメリカ大統領選挙の最新事例などを交え、空中戦を軸にしていかに票を取り込んでいくかを講義しました。


以上、地上戦、空中戦、ネット選挙、公職選挙法とコンプライアンス、最新選挙PRグッズ、外見力トレーニング、最新の世論分析といった7つのテーマについて、完全オフレコでのセミナーを行いました。

今回のセミナーには、各回とも多数のお申し込みをいただき、また意識の高い方にお集まりいただき、盛況のうちに終わることができましたことを、協会スタッフ一同、心から感謝しております。